射精のメカニズム

射精のメカニズムは、自律神経が大きく関係しています。
男の人は性的興奮または刺激を受けると、副交感神経が働き、ペニスが勃起できるようになります。
刺激を与え続けると、交感神経に切り替わり、射精ができるようになります。
早漏の原因の1つとして、神経の切り替わりが通常よりも早く行われてしまうことが挙げられます。
つまりは、自身で射精をコントロールできなくなってしまい、早漏になってしまいます。
この神経のバランスは日ごろのストレスや過労により神経に変調をきたすようになります。
また女性の経験人数が少なく、セックスの時に極度に緊張してしまい自分の意志とは関係なく射精してしまう場合もあります。
これが精神的な面の主な原因となります。
また精神的な面以外でも、肉体的な面で早漏になってしまう事もあります。
包茎が原因で、少しの刺激でも過敏に反応してしまい、すぐに射精感が訪れてしまったり、何かしらの病気や外傷が原因で早漏になってしまうケースもあります。
男の人はプライドが高い生き物です。
自分が早漏であることに傷つき、自信を無くし、焦りも出始めます。
最終的には性的欲求もなくなり、いつのまにかセックスを避けるようになってしまいます。
そうならないためにも病院または自宅で治療を行う必要があります。
誰でも簡単に使用できる早漏改善のクスリを紹介したいと思います。
リドカインというクスリです。
リドカインとは、局部麻酔薬となっていて、ペニスに適量を塗り込むことによって、ペニスの感覚を鈍くし、射精のタイミングを遅れさせてくれる効果があります。
麻酔薬にアレルギーがある方は使用することはできません。
体内に取り込むものではないので副作用も気にせず使用することが出来ます。
服用する錠剤タイプのクスリもあり、ダポキセチンという早漏改善薬もあります。
ダポキセチンは脳の興奮を鎮める作用があり、興奮を鎮めることによって射精感を減退させてくれます。
副作用も少なめで、下痢や吐き気、不眠などがありますが、発現率は10パーセント未満と言われています。
ダポキセチンの使用方法はセックスの1~3時間前に服用すればきちんとした効果を得ることができます。
早漏のためにパートナーがセックスに満足していない可能性がありますので、クスリを使ってきちんと満足させてください。
あなた自身もきっと満足できるはずです。